社会福祉援助技術の形成過程について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,681
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉援助技術について考察するためには、歴史的な背景における展開の過程を確認しておかなければならない。
     19世紀末の産業革命後の英国では、貧富の差の拡大や、病気と貧困、都市での貧困地区の発生や犯罪の増加など資本主義体制の矛盾として大量の社会問題が発生し、救貧法の改正が行われたが、貧困問題は公的な救貧事業のみでは対応できないほどに深刻化していていた。このような時代背景の中、民間社会福祉活動として、1869年に慈善組織協会(以下、「COS」)がロンドンで設立され、1877年にはアメリカのバッファローに移入され、急速に広まっていった。       
     COSの特徴は、①救済申請者の綿密な調査、②救済の重複を避けるための登録制度の実施、③さまざまな救済機関の連絡調整、④「友愛訪問」と呼ばれるボランティアの活用であったが、初期のCOSにおいては、対象者を「救済に値する貧困者」と「救済に値しない貧困者」とに区別し、COSの訪問の目的は「救済に値する貧困者」の道徳的改良にあったという問題を残していた。はじめはボランティアとして、後には有給専従の友愛訪問員による調査や面接指導を取り入れた友愛訪問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。