老人福祉関係法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数780
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「老人福祉法」、「老人保健法」、「介護保険法」の3法の必要性と役割について
     わが国の高齢者福祉施策は、戦前では恤救規則や救護法において救貧の対象として高齢者の救済規定があり、また戦後当初は生活保護法において、扶助の一環として養老施設への入所等が行われる程度で、当時は高齢者の世話は家族の仕事と考えられていた。しかしながら、高度経済成長期に入り、戦後の公衆衛生の改善等による高齢者人口の増加や、社会経済の変化による高齢者を取り巻く環境の変化、また家族による私的扶養に変化が見られ、国民の老後への関心が高まりを見せ、高齢者の福祉をすすめていくための独立した制度が期待されるようになり、昭和38年に老人福..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。