【柏野尊徳】2010秋学期:堀茂樹研究会1 最終レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数819
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    2010 年秋学期・堀茂樹研究会
    総合政策学部 1 年 柏野尊徳
    71001943
    1
    いかなる能力によって徳と悪徳の区別はなされるか?:
    ヒュームの道徳理論における共感(Sympathy)の役割
    はじめに
    0.1 本レポートの目的
    ヒュームは人間の本性に関わる全領域に問題意識を持っており、その中心意識は道徳の分野
    にあったとされる(富田,1989;古賀,1993)。そこで、このレポートではヒューム哲学を捉える上で重
    要と思われる道徳に焦点を当て、ヒュームの道徳理論を理解することを目的に考察を行なう。主に
    『人性論』(A Treatise of Human Nature, 1739-40)を参照しながら、特に第三篇の道徳に就いて
    (BookⅢ:OF MORALS.)を取り扱う。具体的には主に小池(1970-71)の先行研究を足がかりとし
    て「いかなる能力によって道徳的区別が行われるか」をテーマにヒュームの道徳理論整理を目標と
    する。
    0.2 レポートの構成と要旨
    第 1 章でヒューム哲学における道徳論の概観について触れ、第 2 章で道徳的区別の源泉であ
    る道徳感覚情..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。