【2010秋学期】現代思想:最終レポート

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数278
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    2011 年 1 月 26 日提出
    総合政策学部 1 年 71001943
    柏野尊徳(かしの・たかのり)
    現代において他者と『共に生きる』のための思想的考察:
    いかなる態度を保持しながら、対立する価値観と共に生きるべきか
    はじめに
    レポートの目的
    このレポートの目的は、主に第三回授業(2010/10/14 )内で扱われたヒューマニズムと唯物
    論の対立を取り扱いながら、現代において他者と『共に生きる』ための思想的考察を試みることで
    ある。具体的には「対立する価値観を前にして、いかなる態度で共に生きるべきか」というテーマを
    土台にして、授業レジュメ及び授業内容も参考にした上で「神=人間の人間主義
    1」を掲げるリュッ
    ク・フェリーの主張と、(哲学的)唯物論を「ひとつの存在論/ひとつの世界観
    2」として捉えるアンド
    レ・コント=スポンヴィルの主張について考察する。
    問題意識と思索の意義
    今回のテーマ設定の背景には「現代において他者と共に生きる上で、価値観対立の問題を避け
    て通ることはできない」とする共生に対する問題意識が存在している。政治的・経済的にも社会に
    おけるグローバリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。