倫理学概論 実存主義とカント主義とプラグマティズムの倫理学について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,216
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    倫理戦争哲学道徳思想人間自由経験

    代表キーワード

    哲学倫理学概論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     実存主義とカント主義とプラグマティズムの倫理学について説明する。
     まず、実存主義であるが、実存主義にとって重要なことは、世界や人間をいかに解釈するかということではなくて、今ここにいる現実の存在たる私が、いかに生きるかが問題なのであり、主体的に生きぬくことを離れて思索ということは無意味であるという。したがって、このような主体的、実践的な立場にとって、自由の概念は、その思想の中心的意義をもつ概念と考えられるのである。
     実存主義に属する思想家の一人ヤスパースの考えによると、哲学の根本性格は、「挫折を通じて超越すること」にある。つまり、対象的にせよ主体的にせよ、われわれの思索は、必ず、何らかの限界にぶつかって難破してしまう。しかし、この難破を通じて、実は、より広い深い地平が開かれてくるのである。そして、このような挫折を通じての超越は、言葉を換えて言えば、主体的な思索であり、実存的自由であるともいえる。
     次にカント主義であるが、カントは真に道徳的と呼ばれるべき命法は、当然、定言命法でなければならないとした。それは、端的に「正直であれ」という無条件の方式をとるものである。
     第1の定言命法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。