政治学 圧力団体の活動様式について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数746
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本アメリカ情報企業政治政策問題行政組織犯罪

    代表キーワード

    政治学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     圧力団体とは、特定の集団の利益を図るべく政治活動を行う団体で、目的を実現するために政治に組織的に影響力を及ぼすが、政党とは異なり、政治活動を専門とはせず、政権をとろうとすることはない団体である。
     圧力団体の具体的な活動形態として政治家や政党への献金(政治献金)、陳情、票集め、パブリック・コメントにおける政策提言や情報提供、各種メディアを通じた広告キャンペーンの展開などがある。
    政党は有権者全ての利益を集約する機能(利益集約機能)が主なため、利益を表出する機能がほとんど失われているとされる。 そこで利益団体によって、その団体に属する者の利益を表出する(利益表出機能)ことにより政党の機能を補完しているという特徴がある。つまりこの点において、利益団体は民主主義の徹底に資するものだといえる。
    NPOやNGOは公益利益団体と呼ばれ負担を国民に強いる事なく全体の利益を目指すために、フリーライダー問題が起きやすい(フリーライダーとはただ乗りのことで、対価を負担することなく利用するだけの存在のことである)。
    またロビー活動と呼ばれる政治の院外活動に関して、日本では、利益団体が議員を通して官僚へ働き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。