社会学Ⅰ地域社会の概念2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数432
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代は国際化とともに地域社会の成熟が待たれる時代である。人々の平和で豊かな生活をつくりだすには、日常生活の場である地域社会の充実が欠かせないと考えている。
    地域社会とは、ある一定の居住地域に生活し、環境、福祉、医療、交通、住宅、教育、産業、文化などの共通した社会的特徴をもって成立している生活共同体であり、利害をともにする集団である。市町村、都市、地方など、生産、自治、教育、風俗、習慣などで深い結びつきをもつ共同体ともいえる。
    いま地域社会は、あらゆる面で多くの問題をかかえている。それだけに次の時代に向けて人々の地域社会に寄せる関心も高まりつつあると私は考えている。
    また、その問題の一つに市町村合併というものもあるが、近年は平成13年3月27日に市町村合併支援本部が内閣に設置され、国民への啓発を進めるとともに、国の施策に関する関係省庁間の連携を図ろうという計画もあり、市町村合併が進んでいる。北海道だけでも2008年に入ってから3月までの3ヶ月間に13の市町村が合併した。このように地域社会が変化する可能性があることもあり、地域社会に対する人々の関心が高まるのと同時に、地域コミュニティへの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。