社会学Ⅰ小集団と社会科

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数658
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     小集団と社会化について、現代日本社会における小集団の中から学校を例にとり、社会化のあり方を論じる。
     まず社会化とは何か。社会化とは、個人が、集団の構成員となるために必要な意識を身につけていく過程のことである。人は一人前の成人となってゆくすべての過程において、あらゆる社会化を経験する。
     どの集団にも地位と役割があり、集団に所属するということは、そのどこかに位置して他者と行為の交換、意思の疎通、コミュニケーションを行なうということである。ミードは、「他者の役割の取得」が自我形成に重要な役割をしているとした。自我は、他者との集団生活とそこで行われる相互行為における他者の役割の取得を通じて生じ、そこで得た他者の見地から自分自身を対象化し、自分のイメージや感覚を構成するという流れによって形作られる。そして彼は、その他者の役割が子どものパーソナリティの発達にとって本質的な意味をもっていると指摘した。また、私が彼の主張でもっとも納得したのは、すべての他者が個人に同程度の影響を及ぼすのではなくて、人生の一定の時期において、特定の地位にあるものが個人の情動的対象となって特に重要な役割を演じるという..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。