社会科公民科指導法Ⅰ中等社会科の成立と変遷

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数881
ダウンロード数29
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会科が新設されたのは、1947年4月のことである。戦後の新学校制度の発足と同時であり、また教育理念の面から見ても、戦後民主教育を代表する教科として社会科は出発した。1945年8月敗戦した日本は新しい幕開けとなった。それは教育面でも同じあった。その中新設された社会科はどう成立し、変遷したのかは、社会科の変遷は学習指導要領の変遷から読み取ることができる。なぜなら指導要領は時代の適応が要求され、特に社会科は現代社会問題の理解、解決能力の育成を目指す教科だから、特に時代に合う必要がある。  社会科の成立はGHQによる軍国主義教育を除去する教育改革に遡る。はじめ文部省が修身の代わりとして公民教育に着手した。しかしCIEの助言を受けて社会科委員会が設置されると、公民科は新しい社会科に吸収された。そして正式には、同3月教育基本法と学校教育法、『学習指導要領一般編(試案)』公布に遅れて、5月『学習指導要領社会編(試案)』公布により社会科が成立した。  初期の指導要領には(試案)とあり、教師の“手引書”である事が強調された。社会科の内容は歴史や地理等の系統ではなく、青少年の生活に合わせ問題単元を設定..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。