社会科公民科指導法Ⅰ社会科教育と教材開発2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数182
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     今や授業を進める上でマルチメディアの存在は欠かせない。それは毎時間ではなくても、年間の授業の各要所で活用することによって、さらに効果を発揮し、学習の意識の向上につながると考える。
     私は過去を学んでこそ、未来が開けると考えていて、すでにあるものであったことを学んでこそ、実生活に則してさらに発展するにはどうしたらいいのだろうかと未来を提案していくという授業展開につながり、それこそが生徒にとっての生きた社会科であると考えている。
     その中で、私がマルチメディアは欠かせないと考えるのは、やはり授業内の教師の話だけでは生徒の想像が及ばない場面というのは出てくる。というより、メディアで見せた方がわかりやすく、印象に残る場面は多々ある。歴史の授業では戦争とはいかに怖いかということを切々と教師が説明したとする。生徒には確かに怖いんだなぁということは伝わるだろう。だが、もちろん教師が語りかけることは大切だが、戦争を実際に経験したことのある教師は年々減っていく。そのためほとんどは経験していない知識を語ることになるのだ。そこで実際に映像で見せると言葉では言い表せない衝撃が走る。そのため、授業でメディアを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。