経済学Ⅰイギリスの産業革命

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,869
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     経済的視点から、イギリス産業革命の意義について考えると、産業革命は植民地の拡大など影のある歴史でもあるが、歴史に影はつきものであり、現在につながる大きな経済の進歩であったといえることは確かである。
    まず、産業革命の意義について考えてみる。
    産業革命とは、18世紀から19世紀にかけて起こった工場制機械工業の導入による産業の変革と、それに伴う社会構造の変革のことである。市民革命とともに近代の幕開けを告げる出来事とされるが、近年では産業革命に代わり「工業化」という見方をする事が多い。ただしイギリスの事例については、従来の社会的変化に加え、最初の工業化であることと世界史的意義を踏まえ、現在でも産業革命という用語が用いられている。
    マニュファクチュアの発展の頂点に生み出された工場制度は、すでにかなりの程度までつくりだされていた無産の賃労働者群を雇用して、機械に配置して働かせ、大きく利潤を生み出していった。この工場制度の出現は、機械の利用によって一度に多くの商品ができるため、労働者一人あたりの生産高はきわめて多く、市場に対して安い商品を大量に供給することができた。
    こうして工場制度は、資本の発展..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。