Senior_Design_Final_ペーパー : テキストデータ

軽減することによ ンカーへの軸を軽減する装置。
プレテンション( トプレテンション)
 締めトのとしてトにかかる軸

PROe
 プロエンジニア
ン ピューター
支援デリングパッ ケージ

のこと。
抜け落ち(アンカー抜け落ち)
 アンカー

機械的を伴わまま抜け落破
ード 。
施 具
カー指工具アンカー ンクリートにする
ときに
アンカープ
ラグを叩き込みアンカーせる の工具。肩部分 まンマーで叩き込む

イプが代表的

5
まとめ
1/2
インチのドロップインアンカーを
して
コアドリコン クリート構造
体にるのは標準的法
。近年にて事故が散見ま
すが、重量
260
ポンド

118
キログラム

の回転体が突然落下するの
から、深刻な事態といわれば ません。この
OCSD
(オオ
コンクリート断協会
CSD
A(コンクリート切断協会)か ら依
頼を受 コアド 法のをし
ました
。アンカー


的、アンカーの変どの項目 をさせた

設置の
改善に向。 コアドリステムに用いられるアンカーに
係る変数については、フェーズ1でた双方向ウェブスプログ
ラムを利用して数値出できるようにしました。
アンカーの
ついて
は、ブランド、サイズ、ンカーのタイプ
など
がとます。
具体的には、追度が必場、
5/8
インチのロッ プインア
ンカーであれば、装置に使う ことができ、許容量にて
64

増加がみられます。ま
5/8
インチのインカー、装置
に使うことができ、許容にて
118
ことができます。
スプレ ートアウトリのプロトタイプは、ドリル軸がスプレー トよ
りも上にある
場、
アンカーを軽減 する目的計しました。アウ
トリは、ベ ースプレートに直接ト、

する
のスクリュータイプの
装置がついています。ア 、あるいはドリ
ルビットを軸としてコアドリ体が回転するということにも、いずれ
にても事故き す性があす。
また
CSDA
、あるメ ーカーがアンカーのパッケージに「コアドリル固定
用には」というをたことにしています。 こういった経
ら、
OCSD

CSDA
から本のが出ました。
プロジェクトの目的
このプロジェクトの目的は、コアドリる
1/2
インチドロップイン
アンカーのパフォーマンス評価。プ ロジェクトはわかりやすくする目的
でのフェ ーズに分れています。
フェーズ1は
1/2
インチドロップインアンカーに対するストレス解析であ
2を測る、コ ア
ドリグへの析し、析いて、ア
ンカー へのストレス量析しました。
フェーズ2、
5
つの一般的ブランドのドロップインアンカーの設計
いました。ポータ ブ力機い、と変位の両
9
測定しました。このは
OCS 、アンカーに大き
とにます。

トねじ込みのトル クは
19
フットポンドにとどめること。
OCSD
が提示しンカーのサンプついて、の原因が切な
にあることが解析のあきらかにまし た。トがしっかね じ込
まれていなかっが原因で した。この種のは、工がれてい
場安重圏内でりうるものが、えおこなえば
回避。
荷 析ソフトウェア
設べ き機材びオペレーシがに亙る、に関す る
的な項目策は至せんが、アンカーに関する理解 め
るに、解析プログラムをしました。ドリイズ、重量、ドリ
ドリグの方向、アンカーの位置、その切と思われる変数が入
力。このソ フトンカーへの算し、最対するパー
センテージ ます。最重値は
Hilti
の公式いま した。
このプログラム、アンカー に関するシミュレーシ
示する機能があす。そのに、重
500
ポンド(
227
キログラム)ご を
ケーブつなぐという発想 。アウトリとは、垂直方向の延長支
柱で壁に対する応力逃が すことにスプレー トの
ト減少るという発想。直ウトリはア ウトリと同発
想が、 コアドリグビーム端への接点が異ます。 これらの評価
のに、品質の家 (
House of Quality
設計評価システムを
6
カテゴ
リーで利用しました。
は表
1
のと。

1
:低減設計に関す る品質の家(
House of Quality

考察の、ア ウトリデザインを採用 することに決定しました。三脚
方式は実際にてはいますが、限 られた高しか対応できてい
ません。ケーブ式も実際にていますが、設時間がかか
るうえに、コアドリグ上かの空き空間が必あ それだ
スペースがあればスプレートの下にリグ置 することができる
はず。直 ウトリはアウトリと同効果があ すが、
に重量が増るきらいがあす。
37
アウ トリの設計に際して、アンカーへの軸はスプレ ートの
モー トと直接的関係があるという原則にもと、アンカーへの
を低減 するには、まずスプレートのモ ー トを低減しれば
と考えました。スプレートアウ トリはコアドリグがベ

スプレートも上にあるときののものか ら、アウトリは下に
伸壁面への応力を受す。 この応力はスプレー ト上リグの
重量 リフィード応力によって発生す る トと相殺ま
す。アウトリ によって発生するメ ントはアウトリの長
アウトリのの応力によ って決れます。
アウトリのの応力はアンカーの軸 にるの
べく長いアウトリであれば、的力がきート
に解消る ことにます。アウ トリの効高めるには、
モー トの低減量が軸量もか大きばな せ
ん。
アウトリの効率はコ アドリオペレーシ変もきく依存し
ます。多例 析し値
300
ポン 作しました。ア角棒材
をトライステートアニューム入しころ
61
ドした。ファスナ

びワッシャ-はマクマスター・カーで
33
ドル。アウトリの補強材用
鋼材がマクマスター・カーで
12
ドル。・溶接はショ ップ費用が時間当
65
ドして
5
時間の作業でしたが、
MIME
マシーンシプで作業を
まし実際のコストは発生してません。フェーズ
4
の経費は
431
ドした。
42

23

進 況
プロジェクトの表は
C
をご参照。このプ ロジェクトは

4
つのフェーズに分れま す。第
1
にアンカー応力状態解析、第
2
にブラ
ンド別アンカー、第
3
に変、第
4
に設計のの提
という内容。ェ ーズが所了しました。
43
参 献
Concrete Anchor Manufacturers Association – M Special Inspection Guidelines for Expa
nsion and Adhesive Anchors (2002 2007

9

8
日ホームページからダウンロード:
http://www.concreteanchors.org/p ubs.htm
Concrete Fastening Systems – Concrete Drop-in Anchor (2007
2007

9

8
日ホームペー
ジからダウンロード:
http://www.confast.com/products/technical-info/drop-in-anchor.aspx

, Inc. – 2006

rth American Product Technical Guide: Anchor Principles & Design.
2007

9

8
日ホームページからダウンロード:
http://www.us.hilti.com/data/techlib/docs/product%20technical%20guide%202001/anchoring
%20systems/4.3.08%20IandH- L%20Drop-In%20Anchor%20(252-255)r009.pdf

, Inc. – I and I- L
手順書
2007

9

8
日ホームページからダウンロード:
http:/
/www.us.hilti.com/data/techlib/docs/installation%20instructions/anchors/I_I L.pdf
I-Evaluation Service, Inc. – Acceptance Criteria for Expansion anchors in Masonry
Elements.
2007

9

8
日ホームページからダウンロード:
http://www.icc-es.org/criteria/pdf_files/ac01.pdf
I-Evaluation Service, Inc. – Legacy Report on the 1997 iform Building Code.
2007

9

8
日ホ ームページからダウンロード:
http://netinfo.ladbs.org/rreports.nsf/c6ffedc1d96cefd5882569300057d053/53975b3de90fc1
bd88256a0a0060d5ca/$LE/23709- E2895-6p-3-04.p df
Mechanical Engineering Design (Shigley, 2002 Charles Mischke , Joseph E. Shigley, Fifth
Edition, The McGraw-Hill Companies, Inc.
Ohio Concrete Sawing and Drilling – Contact: Mr. Skip Aston
http://www.ohioconcrete.com/
Toolstation – Britains's Low Cost Trade Supplier
2007

9

8
日ホームページからダウンロード:
http://www.toolstation.com/images/library/stock/webbig/73106.jpg
Whole Building Design Guide – Federal Specification: Anchoring Devices in Masonry (1955
2007

9

8
日ホームページからダウンロード:
http://www.wbdg.org/ccb/IL/ffs_325.pdf
ASTM E 488 Standard Test Methods for Strength of Anchors in Concrete and Masonry
Elements. 1996

4

10

44

45
A:
樹形図
46
B:
解析
安全係
4000psi
にした
Hilti
アンカーの数値

2
:解析概要
47
:プロジェ