rodann191107.docロダン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数174
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    この作品はフランスの彫刻家であるロダンの代表作品の一つである。もともとはイタリアの詩人であるダンテの「新曲」を題材にした地獄をあらわした作品、「地獄門」の一部が独立して出来た作品である。ロダンは写実主義で、彫刻はありのままの人間の真実を表現することによって美を生み出すと考え、その信念のもと、真の姿をとことんまで追求し、作品を作った。この作品の男性の輪郭にはそれがよく表れている。
    まず、この作品をまねて姿勢をとってみると、ただ物事を考えるにしてはとても複雑で居心地が悪く、考えるというより苦悩を表現しているように感じられた。さらに、この何かを見下ろす強く鋭い視線と、その無駄のない緊密な構成からは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。