酸化物の非化学量論性と伝導度の関係

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数600
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    酸化物の非化学量論性と伝導度の関係
    1. 非化学量論性(nonstoichiometry)
    化合物の構成原子数の比が簡単な整数比で表されない化合物のことを非化学量論性化合物
    という。を化学量論組成からのずれを表す記号として用いると,非化学量論性化合物は
    Co1-Oのような金属不足型,Zn1+Oのような金属過剰型,ZrO2-のような陰イオン不足型,お
    よび UO2+のような陰イオン過剰型に分類される。
    2. 金属過剰型の非化学量論性化合物と伝導度の関係
    代表的な金属過剰型の非化学量論性化合物である Zn1+O は ZnOから O2が脱離した状態と
    考えることができ,そのときの欠陥平衡式は以下のように表される。
    
    ZnOZni
    X 
    1
    2
    O2 g
    (1)
    ここで,
    
    Zni
    X
    は格子間亜鉛原子であるが,これはイオン化して以下のように電子を放出する。
    
    Zni
    X Zni
    e
    (2)
    
    Zni
    = Zni
    e
    (3)
    式(1)~(3)の平衡定数をそれ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。