細胞継代・標識と蛍光顕微鏡観察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数278
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    細胞継代・標識と蛍光顕微鏡観察
    実験操作と注意点
    細胞継代
    1. 倒立顕微鏡で密度確認
    2. 新しいディッシュを用意。30%継代するので培地は 7ml
    3. 培地を吸引。(コンタミ防止のため先端のチップは二重にする)
    4. PBSで細胞を洗浄し、吸引
    5. EDTA をピペッティング(EDTAの濃度を均一にするため)して 1mL ディッシュに入れる(細
    胞の接着作用を消し、細胞を浮き上がらせるため。)。なじませて、5 分間放置。
    6. 細胞がディッシュの底面から剥がれていることを確認し、培地を 9ml 加え、ディッシュ全体
    の細胞をはがす。(細胞が接着能力を取り戻す)
    7. ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。