メチルオレンジの合成

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数2,817
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メチルオレンジ(指示薬)の合成
    1.緒言
    ジアゾカップリング反応によりメチルオレンジを合成する。条件によってメチルオレンジ
    の色が変化することを実際に観察し、構造変化との関連について考察する。また、塩化スズ
    (Ⅱ)との反応についても考察する。
    2.実験操作
    メチルオレンジの合成
    ① 50mL の三角フラスコ中で、スルファニル酸 2.440g および炭酸ナトリウム 0.663g を水
    25mLに加え、沸騰させて溶かした。7 分間加熱した。
    ② 室温程度まで冷却(12 分間)し、亜硝酸ナトリウム 0.957gを加え、溶けるまでかき混ぜ
    た。溶液はオレンジ色になった。
    ③ 2 分後、溶液を氷 15.57gと濃塩酸 2.5mLの入ったビーカーに加えた。溶液は濃いオレン
    ジ色になった。
    ④ 9 分後、結晶が析出し始めた。
    ⑤ 3 分後、ジメチルアニリン 1.6mLと氷酢酸 1.25mLの混合液を加えた。溶液は濃い赤色と
    なった。
    ⑥ 14 分後、3.10M水酸化ナトリウム溶液 18mLを加えた。溶液はオレンジ色になった。
    ⑦ よくかき混ぜながら 31 分間加熱し、メチルオレ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。