メチルオレンジの濃度測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,980
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    メチルオレンジの濃度測定
    今回の実験でははっきりとした等吸収点は得られなかった。ランベルト・ベールの法則で
    は吸光度は濃度とセル長とモル吸光係数に比例するが、等吸収点では、セル長とモル吸光係
    数は等しいので原因は濃度にあると考えられる。溶液の調製はすべて手作業によって行って
    いるため、各溶液の間でメチルオレンジの濃度にばらつきがあり、等吸収点がはっきりとし
    ないという結果になったのではないだろうか。極めて厳密な溶液調製が必要だろう。
    予習
    1.ヘンダーソン・ハッセルバルクの式
    pKa = pH + log
    [HA]
    [A
    -]
    ある酸が水溶液中でプロトンを失うかどうかは、その酸の pK..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。