キャピラリー電気泳動による顔料の分離について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数262
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    キャピラリー電気泳動による顔料の分離について
    1.条件
    №1~4 : 10mMCTABに飽和させた。
    №5 : メタノールに飽和させた。
    上の条件で電気泳動を行った。
    2.結果
    №1, 4, 5:おおむね良好なピークが得られた。
    №2, 3:ピークがきれいにでない。
    3.考察
    今回の実験では、まず№1~5 の物質をうまく分散させることのできる溶媒の調査か
    ら行った。その結果、№5 はメタノールのみによく分散することがわかったので、泳
    動溶液はメタノールを用いた。また、№1 は CTABによく分散する。従って、分散に
    成功したので適切に電気泳動を行うことができたといえる。しかし、CTABにあまり
    よく分散していなかった№4 の電気泳動ができ、№4 よりもよく分散していた№2 と№
    3 の電気泳動ができなかったという結果から、実験がうまくいかなかったことと分散
    の程度には必ずしも関係があるとは言い切れない。
    では、№2と№3の失敗についてどのようなものだったかということを考えてみる。
    この二つについては、実験がうまくいかなかったため 2 回実験を行った。その 2 回の
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。