化学平衡

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数464
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    化学平

    1.
    古典熱力学での平衡定数
    物質
    A, B, M, N
    が次のような化学平衡にあるとする。
    a
    A +
    b
    B

    m
    M +
    n
    N
    (1)
    ここで
    a
    ,
    b
    ,
    m
    ,
    n
    は化学量論係数である。この反応における平衡定数
    K
    は次のように定義され
    る。

    K
    =
    M
    [
    ]
    m
    N
    [
    ]
    n
    A
    [
    ]
    a
    B
    [
    ]
    b
    (2)
    ここで
    [X
    ]
    は平衡混合物の中の物質
    X
    の活量を表す。理想気体の法則に従う場合、
    [X]
    は分子

    X
    の濃度または圧力と考えてよい。
    2.
    分子分配関数を用いた平衡定数
    (1)
    の化学平衡において、
    反応物と生成物の化学ポテンシャルの和は等しくなければなら
    ない。

    a
    µ
    a
    e
    +
    b
    µ
    b
    e
    =
    m
    µ
    m
    e
    +
    n
    µ
    n
    e
    (3)
    ここで

    µ
    i
    e
    は平衡状態にある分子種
    の化学ポテンシャルである。
    混合した状態で理想気体とみ
    なせる場合、化学ポテンシャル

    µ
    i
    e
    は単位体積あたりの分子分配関数

    q
    i
    °
    と平衡にあるときの系
    の濃度

    c
    i
    e
    を用いて次

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    化学平

    1.
    古典熱力学での平衡定数
    物質
    A, B, M, N
    が次のような化学平衡にあるとする。
    a
    A +
    b
    B

    m
    M +
    n
    N
    (1)
    ここで
    a
    ,
    b
    ,
    m
    ,
    n
    は化学量論係数である。この反応における平衡定数
    K
    は次のように定義され
    る。

    K
    =
    M
    [
    ]
    m
    N
    [
    ]
    n
    A
    [
    ]
    a
    B
    [
    ]
    b
    (2)
    ここで
    [X
    ]
    は平衡混合物の中の物質
    X
    の活量を表す。理想気体の法則に従う場合、
    [X]
    は分子

    X
    の濃度または圧力と考えてよい。
    2.
    分子分配関数を用いた平衡定数
    (1)
    の化学平衡において、
    反応物と生成物の化学ポテンシャルの和は等しくなければなら
    ない。

    a
    µ
    a
    e
    +
    b
    µ
    b
    e
    =
    m
    µ
    m
    e
    +
    n
    µ
    n
    e
    (3)
    ここで

    µ
    i
    e
    は平衡状態にある分子種
    の化学ポテンシャルである。
    混合した状態で理想気体とみ
    なせる場合、化学ポテンシャル

    µ
    i
    e
    は単位体積あたりの分子分配関数

    q
    i
    °
    と平衡にあるときの系
    の濃度

    c
    i
    e
    を用いて次..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。