光の誘導現象の体験 -色素レーザーの作製、吸収実験―

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数728
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    光の誘導現象の体験 -色素レーザーの作製、吸収実験―
    1.結果
    実験(1)―(Ⅰ)
    図1 蛍光のスペクトル ピーク波長564nm, 半値全幅7.8nm
    図2 レーザー光のスペクトル ピーク波長567.3nm 半値全幅6nm
    実験(1)―(Ⅱ)
    図3 レーザー光のスペクトル ピーク波長565.4nm 半値全幅4.3nm
    実験(2)
    図4 測定用のレーザー光のスペクトル ピーク波長565.4nm
    この波長でのモル吸光係数はテキストの図から1.33×104M-1cm-1
    図5 入射光強度 28mV = 36.12µJ
    図6 透過光強度(セル長1cm)18mV = 23.22µJ
     ∴吸光度A = 0.1919
     ランベルト・ベールの法則より
     濃度c = A / εl = 1.443×10-5M
    l = 2cmの場合
    A = 0.3838より I/I0 = 10-0.3838 ⇒ I = 14.92µJ = 11.57mV
    図7 透過光強度(セル長2cm)10.5mV = 13.55µJ
    課題
    (a)レーザーの種類
    固体レーザー 媒体が固体であるものを固体レーザーといい、クロムイオンをサファ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。