平成20年度東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程入学試験物理化学基礎解答・解説

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数890
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    平成20年度東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程入学試験物理化学基礎解答・解説
    問題はhttp://www.chem.s.u-tokyo.ac.jp/99past/graduate/H20/buturikagaku_kiso.pdf
    (1)
    (a)
       ΔG(0) = E(1) – E(0) = 2885.9 cm-1
    ΔG(1) = E(2) – E(1) = 5668.0 – 2885.9 = 2782.1 cm-1
    ΔG(2) = E(3) – E(2) = 8347.0 – 5668.0 = 2679.0 cm-1
    ΔG(3) = E(4) – E(3) = 10923.1 – 8347.0 = 2576.1 cm-1
    ΔG(4) = E(5) – E(4) = 13396.5 – 10923.1 = 2473.4 cm-1
    (b)
    (c)
     ΔGの意味するところは、各準位間のエネルギー差である。例えば、ΔG(0)はv =0とv = 1の間のエネルギー差である。従って、ΔGが0になるところまでこれらを足し合わせれば、近似的ではあるが、分光学的な解離エネルギーD0を求める..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。