教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数264
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート

    代表キーワード

    教育相談の研究

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい。』
    学校カウンセリングとは、「学校で行われるカウンセリング」ということよりももっと深く、さらにはこれまでのカウンセリングの枠を超える新しい世界が広がっている。教師カウンセラーとしてやっている人はごく少数であるが、多くの教師が学級担任として、子どもの理解や問題行動への対応を迫られている。そして、子どもたちの問題が複雑になればなるほど、より深い生徒理解や援助の方法が必要になり、カウンセリング的な理論や技法の必要性はますます高まっていくと思われる。スクールカウンセラーとは、教師とはまったく異なった「臨床心理士」という専門の資格をもったものであり、この臨床心理士がスクールカウンセラーとして学校で行うカウンセリングをスクールカウンセリングと呼ぶ。不登校が増加していること、いじめによる自殺、ナイフを使った暴力事件など、かなり深刻な問題行動が起こっているという現在の学校現場の状況や、教師がこどもたちと熱心に関わり信頼関係を築こうとしても容易につながりを持てなかったり、突然切れて教師に暴力をふるったりする児童・生徒をなかなか理解できに..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。