教育社会学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数242
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート

    代表キーワード

    教育社会学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。』
     学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。社会的地位とは、職業的地位と重なる側面もあるが、もっと広い意味であり、具体的には文化的地位等も含む。一方、高学歴社会とは、高校卒業後の高等教育機関への進学率が50%を超える、単に「高学歴者の多い社会」を意味する言葉である。 
    学歴社会に対しては、古くから様々な批判がされてきた。就職・昇進や結婚と関係した大学格差の存在や、学歴による差別に対する批判はその代表的なものである。さらに入学試験に対する批判や学校の管理・教育のあり方、学校外の教育産業に対する批判も多く見られる。
    まず、学歴社会の成立過程の時代背景を考察してみる。明治維新期の「富国強兵」に代表される欧米へのキャッチアップを意図した国家目標の達成のためには、幅広い分野で相当数のリーダーが必要とされ、それ以前の身分階級に縛られた形での人の教育・職業が決定されるシステムは、適さなかった。リーダーに求..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。