レポート(国際理解教育 第1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数236
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在、国際化が進み、多種多様な価値観が飛び交う中で、国際時代をたくましく生き抜いていく能力の育成に重点が置かれる。学校は国際化に対する対応を考えなくてはならない。
    国際化が進む現在の日本学校の現状は、帰国子女や在日外国人の子どもも含め日本語教育が十分でない子どもが在籍し、多国籍、多民族、他文化化が進行している。このような現状の中様々な問題が生じている。
    日本の学校の制度化された仕組みは外国籍の児童にとって馴染みにくいものであり、集団登校や制度化されたカリキュラムは理解されにくく、例えば帰国子女児童は他国の学校制度になれているため、制度化された環境は生活しにくいと感じてしまう。また学校の構造の問題も挙げられる。基本的生活習慣や道徳的な価値が多様な構造によって児童に強制している。例えば「たくましさ」や「思いやり」等の価値を運動会や遠足という共有体験から児童に強調している。ブラジルではあまり課外授業が実施されていない。さらに、指導者の価値観や思考によって児童の枠組みが決定されてしまう。指導者が異質性を排除したり、児童の個を無視し、同質な集団として関わろうとする姿勢、学校での問題要因を子ども..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。