レポート(教科 社会 第2分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数282
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    玉川大学レポート

    代表キーワード

    玉川大学社会

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在、児童の周りの環境や社会状況が変化し、多様化する中で、地域社会との関わりも希薄になってきている。そのため教育活動において、学校や地域の特色を取り入れた学習を積極的に行っていくことが重要である。そのために地域素材を扱った学習活動の実現が必要になってくる。このような意味からも、地域の豊かな学習素材を十分有効に活用していく必要がある。まずは、地域素材の教材化がもつ意義について述べていく。
     まず1つに、地域教材は児童に距離的・心情的な身近さを感じさせる。そのため、児童にとって普段気付かなかったことに気付いたり、新しい発見ができるなど、意欲的な学習に繋がる。
    2つ目に、地域理解を深めることができる。地域は普段児童が生活している場所であるため、地域素材を取り上げることで、日々の生活との関りを感じながら学習することができる。また、取り扱う地域素材は様々な情報が得やすく、活用方法を多様に工夫できるため、主体的な学習が展開できる。さらに地域の文化・伝統・産業などに関する理解が深まるだけでなく、良さを発見し、地域に対する愛情を深めることができる。
    3つ目は、社会的視点・考え方を育てさせる。今まで何..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。