レポート(教育の原理 第1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数520
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「課題1」
    古代ギリシアにおいてアナテイとスパルタの都市国家では、それぞれ自給自足を原則とし、共通の宗教や法制度を持ち、文化を築いていた。スパルタの教育は国軍主義教育であり、生まれたときから強い戦士を育成するため、身体の丈夫な子どもを育てた。7歳になると、親元を離れ心身鍛錬のため、体育を重視した教育が実施された。そのため、身体の強化においては優れた評価がなされ、女子も男子と対等に振る舞い、教育においても男子と同様の教育が施された。アナテイの教育は民主主義教育といわれ、国が子育てに干渉せず、7歳になると私立学校に通わせた。前4、5世紀になると、ソフィストが現れ修辞学や弁論学を教育した。ソフィスト教育は知識の詰め込みという方法であり、そこからの応用はなかった。それに対し、ソクラテスは学問を助成とし、教え込むことはせず、自分の力によって知識の発見を助ける方法で教育した。ソクラテスの弟子プラトンは「洞窟の比喩」を説き、善のイデアをモデルとした教育論を提示した。教育を階級的に説いて、哲学による政治を定義し才能において男女に差をつけなかった。古典時代の最後にアリストテレスは国家が教育を行い、役立つ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。