レポート(算数科指導法 1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数604
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)問題解決学習とは、「自ら考え、また主体的に取り組む」という自力解決を目指した学習であり、算数科における問題解決学習は、算数の問題を児童が自覚し、その問題を解決するために数学的思考を駆使し、主体的に取り組み、算数の問題解決を体験することで、問題解決の手段や方法を学ぶことである。また自分で問題が解けた自信を得て学ぶ楽しさを味わい、学び方を学ぶ。数学的な考え方を養うために、数学的な態度が必要になってくる。自己の疑問や問題を積極的に明確にし、基本に沿った手段によって簡潔明瞭に表現することによって、より高いものを目指す態度が、数学的思考の向上に繋がる。これは、問題に直面した時あきらめずに解決しようと、これまでに学んだ方法の中から最適なものを選択し、どのように解決に導いていくかを想定し、それを実践していく。そこから得た結果から、合理的なものであったか振り返る過程によって必要な能力を身につけていくのである。算数科における問題解決学習はこの数学的な考え方や解決する努力や意志が必要になってくる。しかし、これらの態度は数学的知識の基礎・基本がなくてはならない。例えば、分数の足し算引き算、それ以前に分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。