レポート(児童理解と教育相談 2分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数272
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学級崩壊は伝染病や疾病ではない。従って突然起こり広がるものではなく、原因があり前兆がある。「学級崩壊」に明確な定義はないが、一般的には、担任教師がいくら注意をしても私語や立ち歩きなどをやめず、物理的に授業が成り立たないことを指すようである。メディアの報道によって深刻な実態があぶりだされ、学級崩壊とは、個人の力量を超えた、根深い要因も絡んで起きているものであるとの見方が広がっている。
    ではなぜ学級崩壊は起きるのか。原因は多々考えられる。1つは子どもの問題である。多動性の強い子、衝動的暴力性の強い子、パニック症状の子、ADHDあるいは逆に、手のかかりがちな寡黙傾向の子、また怠学傾向のある子ども、集団的・統制的活動を苦手とする子の存在である。またそのような子どもの影響から、その他の子どもたちの同調圧力度が高くなってしまい、全体の統制がとれなくなるか、同一パターンの行動はとらなくても、無表情・無反応になって、活動を停止し、学級が死んでしまうのである。自律、自発性の欠落が原因であり、さらにこの統率の取れない時間の継続により、学級崩壊はおこる。
     次に教師の問題が挙げられる。子どもとの信頼関係の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。