レポート(児童理解と教育相談 1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,270
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     児童指導は児童一人一人の個性に即し、かつ具体的に進められなければならない。そのためには、一人一人の児童の特徴や傾向を十分に知り、把握するための児童理解が必要となる。児童をよく理解することによって、個々の児童のどこを生かし、どこを伸長させるべきか、どこに問題があるのかについて明確になり、また、どのような機会に、どのような方法で指導することが最も効果的かということも明らかになってくる。一方で個々の児童は、所属する集団成員から様々な影響を受けているので、一人一人の児童を十分に理解するためには、個人が所属している集団の構造や性格などを理解することも必要になる。理解の仕方は、科学的で正確でなければならない。児童理解の視点は、子どもをとりまく人間関係の理解、所属する集団の位置や役割の理解、子どもの思考や学習態度の理解が挙げられる。
    確かな児童理解を実施するためには、児童の事を十分に把握しなくてはならない。それは子どもの様々な態度から実施することができると考える。方法は様々だが、第1に直接的に児童とふれあいを通して内面にせまる方法である。例えば、作文や図工の作品などから子どもの心情を理解したり、休..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。