レポート(教科体育2分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数531
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境子ども発達社会健康体育運動児童学習授業

    代表キーワード

    教科体育

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     身体が形態的に大きくなることを発育または成長といい、子どもの大きな特徴の一つである。個人差は大きいが、発育発達の進み方は、性差、年齢差、個人差が見られる。また、運動能力・運動技能の獲得には、運動経験の差による違いが関係する。
    男女の性差については、10歳頃までは同じような発育が見られるが成熟期に違いがあり女子は男子を凌駕する時期がある。もちろん成人になれば男子は女子より形態的機能差は優れるが女子も脂肪が男子よりも付き乳房の発達も見られ、生きるために好都合な体型になる。身長や体重は明確に差が現れ、男子よりも女子の方が早く発育する。筋力をみると、筋肉の発達が12歳位から見られるのは性ホルモンに関係があると見られており、男らしさを表現している身体の特定な部位は、首から肩、上腕にかけての僧帽筋などの筋肉と言われている。男子の方が筋肉は発達し、女性は筋力に関すれば発達しにくく、妊娠できる体が整う。運動能力は実際、骨格や筋肉事態の差、社会的条件により男子の方が優れていると言えるが柔軟性に関しては女子の方が優れている。循環機能に関しても男女差は見られ心臓の重量や肺活量は男子の方が発達する。神経系も..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。