レポート(教育の方法と技術 2分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数365
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     今日では情報化社会になり、学校教育においても情報化の傾向は急激に進んでいる。学校の授業においてもコンピュータが導入されるようになり、学校教育内容が変化しつつある。しかし、情報化社会においても様々な落とし穴があり、教育メディアを授業に導入する際、注意しなくてはならない点が多々存在する。
     まず、教育メディアとは何かを述べる。教育メディアとは教える側と学習する側との間に教授伝達、反応情報の伝達、コミュニケーションを効果的に行うため使われる手段、媒体である。例えば、パソコンやコンピュータ、教科書も教育メディアの機能を果たしている。教育メディアには授業の展開を分かりやすく、また学習者の好奇心を喚起させる機能も持っており、教育メディアは視覚用、聴覚用、個別学習用と様々な種類がある。
     教育メディアが学校授業で取り上げられる中、学習指導において、教育メディアは補助的な機能として役割を担っているということを忘れてはならない。教師の代わりに教育メディアがあるわけではなく、あくまでも教師と生徒のコミュニケーションを効果的に行うための補助機能として位置づけされる。 
    では、パソコンを授業で扱う際、留意す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。