レポート(学校制度と社会2分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数239
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1)はじめに、「社会化機能」について説明する。学校の社会化機能とは、習慣や様々な知識など、あらゆる事項を子どもに伝達することである。学校という制度が整うまでは家庭や地域がその役割を果たしてきた。家庭は社会的および文化的価値を伝達する責任を負う。親の経済状況や思想、価値観によって、伝統は様々な方向性をもって学習され、強化され、世代間で伝えられる遺産の大きな一部である。また博物館や美術館、公民館なども文化や伝統を伝える機能を果たしている。しかし、産業の発達に伴い急激な環境の変化の影響によって家庭や地域では社会機能を果たせなくなり、学校に伝達の役割が任された。学校では知識や技術、言語などの伝達だけでなく思想や価値などの文化的要素の伝達の役割も担うようになった。また社会環境の変化にあわせ教育内容も変化する。学校は時代の社会的必要性の伝達の役割を担う機能を持つ。
     次に「養護・保護機能」について説明する。子どもの養護・保護はかつて両親を中心とする家庭がその役割を担っていた。しかし、学校の義務教育化が定着すると、一定時間子どもは家庭を離れるため、養護保護の役割は学校にゆだねられた。学校ではあらゆ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。