レポート(家庭科指導法 1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数324
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     食育とは明確な定義はなされていないが、望ましい食習慣の実現や食の安全について自己で考えそれを実施するとともに、子どもの頃から食について考える習慣を身につけるよう食の安全、食の選び方や組み合わせ方を子どもたちに指導することである。様々な経験を通じて、「食」に関する知識と選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てるものとして食育の推進が求められる。よって学習指導要領の「日常の食事に関心をもって、調和のよい食事のとり方が分かるようにする」という事項を念頭に学習を進めなくてはならない。これは身近な普段の食生活に関心をもち、気付き、考え、行動できる学習を実施し、食品の栄養特徴の把握に努め、また「食べる」という事が私たちにとって大切な意味をもっていることに気付かせるように指導する必要がある。そして、このような食育の推進に当たっては、健全な食生活の実践としての単なる食生活の改善にとどまらず、食に関する感謝の念と理解を深めることや、伝統のある優れた食文化の継承、地域の特性を生かした食生活に配慮することが求められる。
     現在では食生活において様々な問題が挙げられる。多様化した、い..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。