レポート(生活科指導法 1分冊)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数360
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科の指導にあたる際の教科目標は、主に4点記されている。まず第1に具体的な体験を通すことである。見る・聞く・触れる・作る・探す・育てる・遊ぶことで人間の五感を使い、それを直接学習活動に働きかけ展開し、子どもの言葉や絵画、動作や劇化などによって表現する活動である。具体的な活動や直接体験をすることで、子どもの主体的に学習や生活をさせるようにすることが効率的に可能である。また、同時に働き返してくる双方の活動を相互交渉する能力を身に付けて、自立への基礎を養っていくのである。例えば自分の育てたい野菜を作らせてみる。実際に野菜を育て、その成長する様子を実感することによって、それらの変化や成長の様子に関心を持ち、自分たちと同じように成長していることに気付き、自然や植物に親しみを持ち、それらを大切にすることができる。どうしたら大きく育てられるのか等と問題が生じたり、上手く育てたいという意欲が高まってくることが考えられる。それらの問題解決のために相談したり、人に聞いたり、本で調べたり、表現したりという活動が生まれ、追求する力、かかわる力、伝える力などが育っていき、気付きを得ることが出来るだろう。この力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。