佛大レポート 教育原論第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,065
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。」
     ジョン・ロックの子どもの教育論は簡単にいうと「ジェントルマン(紳士)を育てる」ということである。もう少し詳しく書くと「健全な身体と道徳と知識を持っているべきである」ということを理想としている。そして、これらを4つの目的(徳性・思慮分別・しつけ・学識)から成り立っている。この4つの目的により紳士のような他人に敬意を表し、自己を卑下しない態度の表現が習得されるのである。古代に存在したユベナーリスの名句「健全な精神は健全なる身体に宿る」を新しい近代教育の1つの理念として表明したのである。一般的にこのような考え方を紳士教育論と呼ぶ。この紳士教育論を構築していくにあたって、ジョン・ロックの理想の形成のための背景や子ども観から考察する。ジョン・ロックは子どものことをこのように述べている。「生まれたときにはまだ何の観念も持っていないが、成長するにつれ教育によって様々な観念をもつようになる」どのような意味かというと、白紙状態の精神にいろんな経験が色づけされることによって変化していくという経験主義的な考えなのである。これを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。