佛大レポート 教育原論第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数714
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ペスタッロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。」
    ペスタロッチーとはどんな人か簡単に言うと、現代の初等教育の基本を作った人である。その基本となる考え方は初めからあったものではなく、ペスタロッチー自身の成長とともに形成され、彼自身の実践による教育哲学が周りの人々を納得させるまでの思想を構想させたのである。ペスタロッチーはスイスで生まれた。三人兄弟で、兄と妹がいた。幼いときに父を亡くした為に、母親だけで育ててもらっていた。その為に、苦しい生活を余儀なくされた。その中で、学校教育を受けさせてあげたいという母の配慮があったが、特に資産のない家庭にとっては市民として生活することが大変だった。この生活でたくさん助けてもらっていたのが家政婦のバーベリである。幼い時に、母親とバーベリに育てられたことが、後々に教育における女性の重要性を説くことにつながった。このことは「ゲルトルート児童教育法」の幼児期において母親の大切さを強調している部分にも影響している。1761年に大学に進学した。この大学には後に大きく影響を受けたボートマーというスイス啓蒙期の代表者の教授がいた。入学した翌年の1762..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。