佛大レポート 教育方法学第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数854
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決するうえで教育方法はどのようにあるべきか。
    現在の子どもたちは、一つ前の世代の子どもたちと比較して著しく低下し問題とされていることがある。そのうちの1つが「学校外での学習時間の減少」である。それは、つい最近まで行われていた日本の教育で、子どもたちが失っていった「勉強すること」の楽しさや、「勉強すること」への意欲を象徴している。このような視点から改訂されたのが、平成10年版学習指導要領である。この特徴は大きく2つある。1つめは、学習内容の大幅な削減、学校週5日制の導入である。2つめは、「総合的な学習の時間」の導入である。「総合的な学習の時間」というのは、各学校が、学習指導要領で縛られることなく、その地域のその子どもたちの実態に応じ、創意工夫をこらし、教科の枠を無くした総合的な学習を実施する時間である。「生きる力(自ら考え、自ら学び、主体的に判断する資質や能力を育てる)」を育てる時間として導入された。どの対策でも、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。