佛大レポート 教育方法学第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,344
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならび
    に評価についての留意点を述べよ。
    現在、日本の教育は、小学校や中学校、高校や大学など全ての学校に於いて大きな変化が起こっている。また、子どもたちはいろいろな性質や性格などを持っていて、学力や学習意欲の面でもいろいろなパターンを持っている子どもたちがたくさん出てきている。また、学校やその中の教室ごとに設備や施設が多様化しており、その環境に応じた最高の教育を考え、授業を展開していかないといけない。インターネットの様にたくさんの情報通信技術が導入され、いろいろな情報がインターネット回線を通じてあふれる中で、教職の分野においては、その専門性が十分に確率されていない状態である。このような複雑な実態に対応するために専門性を発揮し、情報通信技術をいかに活用するかによって、教育の分野の将来も決まっていくと思われる。つまり、教育に通信技術を普及させることが目的ではなく、普及していくことによって、教育に大変有意義なものを生み出すことができるか、に視点が置か..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。