佛大レポート 社会科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数615
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     『「社会科の成立と今日までの変遷の概要を述べ、その変遷における著しい特徴について説明しなさい。」』
    社会科は第二次世界大戦の結果より、民主主義国家の建設や平和国家の建設を目指して新設された教科である。社会科の成立とその後の変遷を考えていく。第二次世界大戦の終結により、日本はGHQ(連合国軍総司令部)の支配下に置かれた。GHQは明治時代から行われた軍国主義や超国家主義を日本の教育界から追放した。そして、戦時色の強かった修身、日本歴史、地理の授業が禁止になる。1947年3月、国会で教育基本法と学校教育法が成立した。この2つの法律の制定によって、いままでの教育課程が廃止され、新たに社会科が登場することになった。戦後の社会科の大きな役割は、日本の再建を担う青少年の健全な育成を強く意識したものであった。しかしながら、アメリカの教育課程(小単元主義学習指導要領思案のバージニアプラン)の翻訳的色彩が強かった。このままでは、日本の子どもたちに合わないなどということから、日本の事情に応じた学習指導要領の作成が必要となったのである。こうして昭和26年日本国独自の社会科の教育課程が作り上げられ、初期社会科..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。