佛大レポート 体育概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数566
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『安全に関する学習指導上に占める「体育」の重要性について述べよ』  体育科以外の教科は教室で授業を行うものがほとんどである。しかし、体育科の授業を行う場所はグラウンド、体育館、プールなどいろいろなところで行うので、その場所それぞれの危険が多く潜在している。したがって、学校で行われている教科において、体育科は他の教科よりも災害や事故などが起こりやすい。こういったことから、体育科での「安全」に対する学習や活動が非常に大切であることが言える。 小学校学習指導要領において、体育科の目標として「心と体を一体としてとらえ、適切な運動の経験と健康・安全についての理解を通して、運動に親しむ資質や能力を育てるとともに、健康の保持・増進と体力の向上を図り、楽しく明るい生活を営む態度を育てる。」とある。ここにも「安全」という言葉があるように、各学年の体育科の目標においても「安全」の言葉が記述されている。「安全」には、安全教育と安全管理があり、安全教育については、安全に関する知識、理解を深め、あらかじめ事故を起こさない、遭わない、安全な行動をとり得るような能力や態度を身につけ、これの習慣化を図ることを目的とし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。