人工化学物質における地球環境の汚染や破壊のひろがりについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数198
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    生物学

    代表キーワード

    生物学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     人工化学物質による汚染と破壊のひろがり、またそれらが生物に与える影響について論ずる。第一に、人工化学物質によって地球環境がどのように汚染されているか、また破壊の広がりについて説明する。第二に、第一で説明した状態が生物に対しどのような影響を与えているかを論ずる。
     一、人工化学物質による地球環境の汚染と破壊
     現代の我々は、さまざまな食材や調味料などを自由に選ぶ事が出来、調理する事が可能になった。この結果の裏には、保存料や合成着色料など化学の力によって作られた材料によって、大量生産・コスト削減を実現出来たことがあると考えられる。また、化石燃料の発見によって自動車などの交通手段が発展した事により、いままで数日かかっていた場所へも一日で行くことが出来るようになり、移動の利便性も上がった。このような化学の力によって、我々の生活は大変便利になり、この上ない生活水準を得ることができた。しかし、化学で作られたものは、本来自然には存在しないものであり、消費社会において必要不可欠なものになっていたとしても、地球環境の汚染の原因ともなっている。
     代表的な化学物質として、フロンガスがある。フロンガスは安..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。