人権保障

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数135
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    憲法

    代表キーワード

    人権保障

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     日本国憲法における人権保障について論ずる。本論文は、人権保障の発展と日本国における人権保障の特徴について論じていきたい。そのため、二つの章に分けて論ずる。第一に、現代の人権保障がどのように発展してきたかを論ずる。第二に、日本国の人権保障の特徴について論じていく。
     1、人権保障の発展
     人権は、人間が生まれながらに持っている不可侵の権利であると説明される。今日の人権保障が形成されたのはわずか数百年前で、最初から現代のようなものではない。古代や中世では絶対君主制がしかれ、国家元首の権力は無制限だった。そのため、個人の権利が制限され、身分などで差別を受けていた。
     こうした国家による人権侵害を防ぐために生まれたのが、自由権と呼ばれるものだ。最も古い例として一二一五年イギリスで成立したマグナ・カルタが挙げられる。今まで、無制限であった国王の権力に対し、憲法によって一定の制限を設けている。また、イギリスではこの後の一六八九年に権利章典が制定され、イギリス国民の自由と権利が確認されている。しかしこれは、英国国王に忠誠を誓った国民という前提があり、近代的な人権保障とは異なるものであった。イギリス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。