校則による規制と子どもの人権

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数201
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    校則による規制について、子どもの人権との関係から論ずる。最初に、校則における問題点について論じる。次に、判例を挙げ、子どもの人権から校則がどうあるべきかについて検討して論じる。
    一、校則の問題点
    校則は一般的に、学校生徒の校内での生活態度から、服装や髪型について規制している。また、一部では外出時の服装規定など、学校外の生活について規制するものも含まれる場合がある。他方、日本国憲法第十三条では、「すべて国民は、個人として尊重される」と定め、「公共の福祉に反しない限り」において、個人の権利を最大限尊重する事を保障している。従って、憲法で保障されている「個人の権利の尊重」と「校則」は、相反しているものと考えられる。
    学校内には様々な生徒がいる。それぞれ個人差があり、「いじめ」などの問題もしばしば起こる。その為、子ども達が快適で有意義な学生生活を行う為に必要と思われる事柄については、一定の規則を設けるべきであると筆者は考える。だが、一方で「体罰」などの問題もある。校則違反をした為に教師が暴力を奮うといった事件も、メディアなどで良く取り上げられる。
    校則は日本の学校に古くから定着しているものだが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。