プログラムのバグによる問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数316
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「プログラムのバグが大問題を引き起こした例」
    1.オンライン証券会社の例
    2000年10月11日、あるオンライン証券会社が、社の基幹系システムで障害が起こり、顧客を獲得する機会を逃したとして、基幹系の開発・運用を委託していたシステム構築会社を提訴する意向を明らかにした。
    最も大きなトラブルは2月22日に発生した。前日に東京証券取引所に送信した注文データを、再び送信してしまったのだ。これはソフトのバグによるものだった。証券会社はシステム構築会社に修正を依頼し、再送信した注文データのうち、取引が成立したものだけを社の自己勘定として付け替えてもらった。こうして、22日に送信した552件の注文データのうち330件が取り消された。
    ところが、取り消されたデータのうち65件は正規の発注データだった。正規の発注を取り消された顧客は証券会社に苦情を申し立て、社は苦情が寄せられた発注については再発注するなどして対処した。再発注時の価格と正規に取引が行われた場合の差額については社が負担した。
    社は「今回のトラブルにより3万件以上に伸びていたであろう口座数が1万5000件弱にとどまっている」と主張した。
    そ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。