教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数626
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校カウンセリングの意義、方法および
    今後の課題について述べなさい。』
    近年の学校現場では、不登校の増加、いじめによる自殺、暴力事件など多くの深刻な問題を抱えている。教師が児童・生徒に熱心に関わり信頼関係を築こうとしても容易につながりを持てなかったり、突然切れて教師に暴力を振るったりする事例も見られ、そうした言動を教師が理解できにくくなってきている状況がある。それには、学校での基本的な生活習慣・態度ができていないことや、家庭での基本的な生活習慣のしつけ、さらには家庭の教育力の低下が著しく低下していることも要因として指摘される。このような中で、学校あるいは教師には、日常的な指導の中で学校カウンセリングを実践していくことが求められている。
    学校カウンセリングとは、「学校で行われる全てのカウンセリング」というように理解できる。個々の児童・生徒に起こる教育上の諸問題について、本人や親と共に悩みや困難を解決ことによって、生活に適応させ、人格成長への援助を図ろうとするものである。
    「学校で行われる…」の学校という場所について考えてみると、一般のカウンセリングでは、面接室というのが必要条件であるが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。