教育原論 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数74
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ジョン・ロックにおける子どもの教育論、特に
    習慣形成や賞罰法を中心に述べよ。』
     ジョン・ロックは、「権利章典」の作成に携わり、著作には「寛容に関する書簡」「人間知性論」「統治論二論(市民政府二論)」「教育に関する考察」などがあり、様々な教育論を提唱している。ロックの教育論は一般に紳士教育論と言われている。紳士(ジェントルマン)は、健全な身体と道徳と知識を持っているべきである。「健全な身体における健全な精神とは、言葉は簡単であるが、人生の幸福を言い尽くしている」と唱える。
     まず、タブラ・ラサ説について述べる。タブラ・ラサとは、心の中に生まれながらに刻み付けられた観念や原理などはないという考えのことである。子どもは生まれた時はまだ何の観念も持っていないということになる。
    つまり、白紙の心に、経験を重ね、教育によってさまざまな観念を獲得していくという経験主義的な考えと言い得る。ロックは、子どもの教育はまず感覚的訓練から始めるよう主張する。外部環境を視覚や味覚、嗅覚などさまざまな感覚を通して知覚し、それについての知識や観念が真っ白な心の中に植えつけられる。それゆえ正しい観念を持つように子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。