(科目最終試験)生活科教育法

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,197
ダウンロード数52
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    生活科教育法 科目最終試験問題と解答例
    ■生活科を展開していくための指導原理について実践事例を通して述べよ。 (その実践事例がどの学年のどの内容のものかを明記すること。)
    子どもはよく活動しているのに、学習としてはうまくいっていない、教師の教えすぎといった課題解決が問われている。「生きる力」を育てることを目指す教育では、子どもが「自ずとなっていく世界」を開いてみる必要がある。
    子どもにとって本当の学びは、子ども自身が真剣に考えて問題を解決すること、自ら納得して分かるという「よく分かった体験」をすること、既知から未知への知的な世界を開いていくことなどにある。学ぶことは自分の知識や情報を生かして自ら問題を解決していくことで、それはとても楽しいことであるという、子どもの学習観を育てていく必要がある。
    教師は「教える」こと以外の子どもへのかかわり方を見出していく必要がある。子どもがもつ思いや願い、考えや働きかけなどが学習や生活に効果的に働いてその子どもの良さが光る。そのことが子どもに自覚されて、子どもは自信や意欲をもち、新たな知識や知恵を獲得する。
    こうした教育の実現には、次のような授業が求め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。