木質ペレット利用による地球温暖化対策とその課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数311
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    木質ペレット利用による
    地球温暖化対策とその課題
    ―エネルギー生産方法の見直し―
    目次
    はじめに2
    第1節 日本における地球温暖化対策の現状2
    第2節 木質ペレットとは何か?3
    第3節 なぜ今日本で「木質ペレット」なのか?4
    第4節 日本で木質ペレットがどのように広げるか?4
    まとめ6
    参考資料6
    はじめに
    2007年1年間の日本国内における二酸化炭素排出総量は約13億トンに達した。
    地球温暖化対策を行う上でカギとなるのは石油や天然ガスをはじめとする化石燃料の消費をいかに少なくするかである。日本では発電や暖房などにおいて石油に強く依存しており、これらの分野における石油燃料消費削減が温暖化対策を行う上で大きなポイントの一つとなりうる。そこで本レポートでは、発電、給湯、暖房における石油に代わる代替エネルギーとして木質ペレットを利用することを提唱し、木質ペレット利用の利点と課題について考える。
    第1節 日本における地球温暖化対策の現状
     はじめに、日本における地球温暖化対策の実情について述べる。日本は現在京都議定書によって、1990年度比で約6%の二酸化炭素排出量削減を求められている。しかし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。