日本における予算過程の変革

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数335
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の予算過程の変革
    ―自民党・民主党両政権における予算過程の比較―
    内容
    はじめに3
    第1節 財政とは3
    財政とは何か3
    財政民主主義とは3
    日本における財政のとらえ方4
    第2節 予算とは4
    予算の定義4
    予算過程4
    第3節 新旧政権における予算過程の比較検討5
    自民党政権下における予算過程5
    民主党政権下において予算過程5
    第4節 これからの政権が目指すべき予算過程とそのための政権構造6
    おわりに7
    参考資料7
    はじめに
     8月30日。衆議院議員選挙が行われ民主党が圧勝した結果、1955年以来続いてきた自民党政権は崩壊した。民主党政権に移行した現在、予算過程も大きく変化を遂げつつある。本レポートでは、前政権下と現政権の予算策定過程を比較検討し、それぞれの意義と問題点、財政の理念や財政民主主義の観点を踏まえながら指摘するものである。
     第1節においては、財政と予算について、それを支える財政民主主義の理念について述べる。第3節においては前(自民党)政権、現(民主党)における予算過程の意義及び問題点を述べ、特に後者については前政権の予算過程との相違点を述べる。第4節においては、第1節から..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。