グローバリゼーションと南北問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,686
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「グローバリゼーションと南北問題」―
    はじめに
    第1節 経済面におけるグローバリゼーションとは何か
    第2節 グローバリゼーションによる効果と課題
    おわりに

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「グローバリゼーションと南北問題」―
    はじめに
     世界では現在もグローバリゼーションが進行し続けている。このレポートでは、多くの側面をもつ大きな枠組みであるローバリゼーションの中でも、主要な側面な一つである経済面に焦点をあてて述べていく。なお前半となる第1節と第2節においては、経済面におけるグローバリゼーションとは何なのか、また経済のグローバリゼーションによって世界にどのような効果と課題がもたらされたかを述べ、後半となる第3節・第4節では、経済のグローバリゼーションでもたらされた大きな課題の一つである南北問題について現状と対策を述べていく。
    第1節 経済面におけるグローバリゼーションとは何か、
     経済のグローバリゼーションとはスティーガーによれば「地球全体にわたる経済的相互関係の強化と拡大であり、新技術が開発されて世界に広がるという流れが、世界中で大きな資金と商品の流れを生み出した」ことである。経済面におけるグローバリゼーションは大きく分けて2つの段階にわけることができる。1つは第二次世界大戦終戦から1970年代初頭までブレトンウッズ体制を基盤とした「国家に統制された経済のグローバリゼ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。